さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2007年11月05日

☆彡名代 手打ちそば「寿美久」



 高山大会当日の二軒目は「寿美久」(すみきゅう)。ほぼ開店と同時に入店。注文したのは朴葉そば(800円)。これはこれは見た目にも美味しそうな田舎蕎麦が出てきました。飛騨産玄そばを石臼で自家製粉してるだけに、香りがいいです。

 ←(^¬^)  続きを読む

Posted by トム at 22:17Comments(4)2007/10飛騨高山

2007年11月05日

☆彡紀文



 もう少し飛騨そばネタにお付き合いください(笑) 高山大会当日は朝9時半くらいから行動。この時間からやっているそば屋と言うことで、ここに辿り着いた。「紀文」の、ざる(800円)。前日は結婚式で結構飲み食いした。そんな日の翌朝に蕎麦は胃に優しい。手切りっぽさは感じなかったけど、美味しく頂きました(^^) 

 ←(^¬^)  続きを読む

Posted by トム at 21:55Comments(0)2007/10飛騨高山

2007年11月04日

☆彡山之村そば「東山」



 日常ネタがないので、相変わらずの蕎麦ネタで失礼しますm(__)m さて、二日目は二軒目で満足してしまい、しばし余韻に浸っていたのだが、その後、買い物などをしているウチに、日がないのだから、もう一軒行っておこうと思い直し、三軒目へ行くことにしたのである。山之村そば「東山」。街中のちょっと外れにあり、観光客にも人気の店のようで、次から次へと来客がある。平均年齢は私より高そうだが、感じの良いおばちゃんたちが接客している。靴を脱いで上がる店内は、昔の家の“居間”そのまんま。注文したのは「せいろ」(650円)。年季の入ったザルと盆に歴史を感じる。観光地ゆえか、どの蕎麦屋も少々相場の高い中にあって、この値段はありがたい。お味も充分納得のいく。地元に住んでいたらお昼に通ってしまいそうな店。観光客にも優しい。二軒目の「蕎麦正せと」のように完成された店も良いが、こういう素朴な感じの店も、味があって好きだ。

 ←(^¬^)  続きを読む

Posted by トム at 23:55Comments(0)2007/10飛騨高山

2007年11月03日

☆彡飛騨荘川高原産蕎麦処「蕎麦正せと」



 「この辺で美味い蕎麦屋さんを知りませんか?」と尋ねると、ダントツでココを紹介された。二日目の二軒目、「蕎麦正せと」。この日、注文したのは並盛り(850円)。オープンキッチンで、作業しているところが目の当たりにできる。出き上がった蕎麦も、見た瞬間から感動させられた。食べる前から期待度の膨らむ、とても上品な感じのする蕎麦です。薬味は辛味大根とネギと塩、それと山葵なのだが、山葵は自分ですり下ろして使えるようになっている。

 ←(^¬^)  続きを読む

Posted by トム at 23:57Comments(0)2007/10飛騨高山

2007年11月03日

☆彡手打ち蕎麦・茶処「夢の蔵」



 高山、二日目の蕎麦屋巡り。一軒目はここ、「夢の蔵」。信州産の十割と、飛騨産の田舎と、どちらにするか悩んだが、10食限定に惹かれて十割(850円)を注文。コシも香りもある、上品なお蕎麦。久しぶりの平打ちでしたが、これはこれは美味でした。とても美味しいので、飛騨産も食べておくべきだったなぁと少々後悔。ま、次回に取っておくとしますか。

 ←(^¬^)  続きを読む

Posted by トム at 23:56Comments(0)2007/10飛騨高山