さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2008年05月12日

☆彡札幌の地下でカッキーの歌声に涙する



 さ、夜はカッキーこと、柿本七恵さんのライヴなのだ。実は私、基本的に洋楽しか聴かないし、恥ずかしながら彼女についても、まだ「ほんと罪だわマロンコロン」しかまともに聴いたことなかったのだが、イヤ、もうね、聴いてびっくり! カッキーなまら最高です! この日のライヴ、たまたまテレビ取材が入ってまして、撮影用に、本番前に二曲ほど演ったワケなんですが、まだ本番前だっちゅうのに、聴いた瞬間から、なんと言いますか、彼女の歌声が、グッ~~~と胸の奥に響いてきて、まるで心臓を掴まれたような感じ。そして自然とボロボロと涙が出てくるんですね。こういう気持ちになることなんて、久しく無かったのだ。音楽というのは感性で感じるモノで、例えばロックが好きな人にジャズやクラシックを勧めてもイマイチなように、人に勧められたからって、必ずしもイイと感じられるモノではないと思うのですが、なんだろう、カッキーの場合、理屈抜きにハートを持ってかれてしまったなぁ。もう思いっきり感動です! なんとなく懐かしささえ感じる雰囲気が、胸の奥に響いたのかもしれない。千石さんがイチオシな理由・・・カッキーは、カッキーというジャンルなんだというのが、よく分かったのだ。なわけで、一発で彼女の虜になってしまった私。CDにオリジナルコースターもゲットして気分が良くて、お酒も進む、宮尾すすむ、堺すすむ・・・な~んでか!(千石さん、どうもすみません!)

 ←(*´∇`*)
  続きを読む


Posted by トム at 23:59Comments(2)音楽

2007年03月23日

☆彡おぢさんバンドのマニア盤届く



 音楽ネタです。飛ばしてください。

 かれこれ一ヶ月ほど前、米国Amazon(のマーケットプレイス)で、「アメリカ」の新譜を注文。なぜマーケットプレイスなのかというと、マニア向けのボーナスDVD付き限定盤が売られていたから。注文から二週間ほどして送られてきたのだが、包みを開けてビックリ。DVDの付いていないCDだけの通常の盤だったのだ。これには腹が立ち、英語で送り主に「おいおい、オレが注文したのはDVD付きの限定盤なんだよ。どないしてくれはるの?」とメールをしたら、「すまんすまん。実は商品を間違えて出品したので、すぐに取り消したんだけど、取り消しが効かなくてね。Amazonのシステムが悪いのさ~」みたいなメールが帰ってきて、しかも「おいらの知ってる限り、あなたの言ってるDVD付きの限定盤なんて存在しないぜ?」とも言ってくる始末。結局、「まぁなんだ、こっちも悪いし、半額にしてやるから許せ」ってなったので、どもならんなぁと思っていたのだが、まぁ送ってきたそのCDも、貴重なボーナストラックが入ったヤツだったんで、半額にして貰ってそのまま手元に収めて聴いていたのだ。しかし、どうしてもその限定DVDってヤツが欲しい。「存在しない」とは言われたが、どうも納得できない。なぜなら、本国のファンサイトには、ボーナスDVD付きのCDの画像が載ってるのだ。

 なわけで、何日も何日も散々ネットで探しまわったところ、米国Amazonの別のショップでゲットできました(^_^)v しかも注文から一週間も経たずに到着。ちゃんとDVD限定盤ってあったでしょうが。まぁこの辺が海外通販の厄介というか面倒くさいところだが、あちらは日本みたいにCDの値段が高くないんで、結構気楽に注文できちゃう。でも慣れない人は気をつけましょうね。

 ← 良かった良かった  続きを読む

Posted by トム at 23:39Comments(6)音楽

2007年01月30日

☆彡おぢさんバンド健在!



 音楽ネタなので、興味ない方は飛ばしてください。

 マイ・フェイバリットなロックグループ(と言ってもデュオなのだが)AMERICA。ストーンズよりもクラプトンよりも、ビートルズよりも大好きかもしれない。そんな彼らが先日、新譜「HERE & NOW」を出した。クリスマスアルバム以来、5年(4年かな)ぶりだ。彼らの熱烈なファンである私は、当然、発売前から予約を入れていたのだが、直前にキャンセルした。理由は、2月にAJIA限定盤がリリースされるという情報が入ったからだ。こちらにはボーナストラックが一曲追加されるという。もうちょっと待って、そっちを手に入れることにしたのだ。なわけで、現在はまだ、HMVなどの視聴で楽しんでいるわけだが、つい先ほど、本国のファンサイトから、新曲のライヴ映像が配信されていることを知った。もう、たまらなく嬉しいのである。何でもこの新譜、あのビルボードチャートで、ナンと初登場52位だとか。五十代半ばのおぢさんも、相変わらず自然体でありながら、ノリノリで頑張っている。「hourglass」という宿名は、彼らのアルバムタイトルから拝借した。彼らのように、いつまでも自然体で、ノリノリでありたい。

ライヴ映像→【Ride on】

 ←(⌒~⌒)  続きを読む

Posted by トム at 23:26Comments(4)音楽

2006年10月11日

☆彡AMERICAのプロモV発見!



 音楽ネタです。流してください( ̄ー ̄;

 中学生の頃から大好きで、今も追い続けているフォーク&ロックグループ「AMERICA」。ウチの“hourglass(アワグラス)”という名前は、彼らのアルバムタイトルから拝借。デビューから35年以上が過ぎ、今も地道に自分たちのサウンドを創り続ける彼ら。これまた何年振りかに、オリジナルのアルバムをリリースすることになったのだが、今月リリースされるはずが、どうやら来年1月に延期になったようだ。いささか残念ではあるが、しかし、そのプロモーションビデオをネットで発見! ファンとしては嬉しいのだ♪ よかったら見てやってください(^^;

■←ココ

 久々に、円熟味を増した彼ら独特の爽やかなアコースティックギターの音色に、透き通るような声のジェリーのボーカル。そこへ、ニール・ヤングにも似た(キム・ニールヤングではない)声の持ち主デューイのハーモニーと、鳥肌実る今日この頃なのです。

 ←ヽ(´ー`)ノ  続きを読む

Posted by トム at 23:58Comments(2)音楽

2006年10月03日

☆彡道産子ピアニスト 揚原祥子!



 3時過ぎに“A”ホテルにチェックインし、ひと休みしてからkitaraへ。あげさち嬢の演奏は、何年か前に美幌で行われた、五郎部俊郎さんのコンサートで演奏されたのを聞いて以来であります。いや~ やっぱり凄い! とにかく凄い! 上手すぎ!

 ←(⌒∇⌒)  

Posted by トム at 23:57Comments(0)音楽